子育て父さんのニュースブログ

アクアクララに関する情報から他社ウォーターバーの比較情報等の載せているブログになります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スマホと通信するG-SHOCK「GB-6900」発売

カシオさんにて、「Bluetooth」を利用してスマートフォンと通信する
G-SHOCK「GB-6900」を12月下旬に発売するそうです。
色は下記3色から選択可能。

gshock1

今回発売される主なG-SHOCK GB-6900の特徴
 1.スマートフォン(以下スマホ)と通信して時刻調整が可能。
   電波時計の場合、受信可能エリアは主要先進都市に限られていました。
   それに比べスマホの時計はGPS機能や通信を通して、世界中どこでも
   現地の時刻を調整してくれます。仮にアフリカの砂漠地帯やジャングル
   でも調整可能。(※スマホの通信が出来るエリア)

 2.着信音で居場所をキャッチ
   時計でスマホの着信音やバイブ機能が作動させ、スマホの居場所を教えて
   くれる「ファインドミー機能」を搭載

 3.時計とスマホの位置が離れると振動で置き忘れ警告
   時計とスマホは常に通信している状態であるため、通信可能な距離から
   外れてしまうと、時計が振動で知らせてくれる機能。
   これでスマホの置き忘れを未然に防ぐことが出来ます。

 4.メールとコール着信をバイブレーションでお知らせ
   スマホに着信やメール受信があると、時計が震え送り主の名前をディスプレイに表示。
   さらに着信音も消せるので、着信音が鳴られて困るような状況(ミーティング等)に
   スマホが鳴り出すというミスを防ぐことが出来ます。

特に携帯を見つけてくれる機能は大変助かりますね。
自分もそうですが「あれ携帯どこ?」という事が結構あります。
そういう時は便利ですね。また時間を確認するときはスマホ(携帯)
より腕時計ですね。何よりも出し入れという手間が省ける分、無くす
可能性も減ります。

また、今回の機能はスマホとの初めての連動ですので、これから更に
新機能のG-SHOCKも出る事でしょう。
今後が楽しみになります。

gshock2

GB=6900
 ◆ 構造:耐衝撃構造
 ◆ 防水性能:20気圧防水  
 ◆ 通信仕様:通信規格「Bluetooth V4.0」
          通信距離「~2メートル(環境により変化)」
          プロファイル「TIP、FMP、PASP、ANP」
 ◆ 通信機能:時刻修正、着信お知らせ、ファインダー機能
 ◆ 時計機能:時刻アラーム5本
         ストップウオッチ(1/100秒計、24時間計、スプリット付き)
         タイマー(セット単位1分、最大セット24時間、1秒単位で計測)
         ワールドタイム(世界100都市+UTC、35タイムゾーン)
         LEDバックライト
         フルオートカレンダー
         12/24時間表示切替
 ◆ 使用電源:CR2032
 ◆ 電池寿命:約2年(通信機能を1日に12時間使用した場合)
 ◆ サイズ:53.2×50×17.7ミリ
 ◆ 重さ:約64グラム

G-SHOCK wikiはこちらをクリック 



    

関連記事

| 国内ニュース | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiros777.blog38.fc2.com/tb.php/151-70142c2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。